earthink

| | コメント(0) | トラックバック(0)
環境と観光。
密接に関係しているこの二つ。

"観光立県沖縄"としては考えていかなければいけない、重要なことだと思います。

観光が環境を悪くしていくのか、
観光を通して環境を良くしていくのか。
沖縄を訪れる観光客の方だけでなく、
沖縄に住む我々こそ深く考えるべき事なのかも知れませんね。


そんな大きなテーマのもと、沖縄の観光案内所「earthtrip」さんがイベントを開催しました。
タイトルは『earthink』
earthinks.jpg

CO編集部がある沖縄テクスファームも共催ということで、
パネル展のお手伝いをさせていただきました。

イベントのサイトはコチラ
コチラはフォトアルバム

earttrip目が離せません。

ついつい、更新が遅れがちなこのコラムですが、
おつきあいください。

なんと言っても今日のタイトルは気になるんじゃないですか?



「美少女は環境にやさしい?」


結論から言えば

YESです。



CO編集部がある沖縄テクスファームは、
クールローカル(地元をかっこ良く)をテーマに、様々な「事」や「物」を企画、製作する会社で、
COも「環境にやさしい沖縄」という新しい価値が僕らの沖縄をかっこ良くしてくれる!
という思いから生まれました。

そして、沖縄テクスファームの発行物には看板媒体ともいえるフリーペーパー
「沖縄美少女図鑑」というものがあります。

これは"沖縄に美少女を増やそう!"を合い言葉に
沖縄を代表するヘアサロンやショップ、カメラマンなどのクリエーター、そして地元を応援する企業が
力を合わせて、「僕らの街の女の子」を「僕らの街のロケーション」で撮影。
それを1冊の本にまとめてフリーペーパーとして配布するという、前代未聞の企画。

もちろん人気は高く、発行後すぐに品切れになってしまうため、"幻のフリーペーパー"とも呼ばれています。

読んでいただければ分かると思いますが、こんなにも素敵な女の子達がいる、
僕らの街はなんて素敵なんだ!
という誇りにも似た思いが込み上げてくることでしょう。


誰がそんな素敵な街を汚す事ができるでしょう?

美少女たちに似合う美しい街であり続けてほしい...。

そう思うのが、自然というものです。



ということで、「美少女は環境にやさしい!」のでした。


しかし、まだ美少女図鑑を見た事の無い人も多いでしょう。
なにせ、"幻のフリーペーパー"ですから。

ご安心ください。
この度、美少女図鑑WEBがオープンいたしました!
web.jpg

沖縄だけでなく、全国各地(現在は沖縄、新潟、大阪)の美少女図鑑を見る事もできるすぐれもの。
このWEBサイトを見れば、「こんなにも美少女がいる美しいこの国の自然を街を守らなければ...。」
と、思うことでしょう。



環境問題はまず、自分の足下から、
地元を誇りに思うこともそのスタートだと思います。

「美少女が多い沖縄」

カッコいい!



沖縄美少女図鑑WEBはコチラ!









9月に入ったとはいえ、そこは沖縄。
暑い日が続いています。

こう暑いと人間歯止めが効かなくなるのか、
今、ウチのベランダは鉢植えに埋め尽くされています。
知り合いがくれるというので、
もらって、もらって、もらい尽くした結果、

_MG_2387.JPG


このようになってしまいました。

さらに、挿し木で鉢を増やそうと企む始末。
行けるところまで行くしかありません。

ケッコウ気に入ってるんです。
家で緑に囲まれるのもいいもんです。
我が家のスタイルってことで、家族一同楽しんでいます。

ずいぶん前(しかし前々回)に書いたように
「エコ」=「楽しい」、「カッコいい」と定義したい僕としては、この「スタイル」ってのがポイントで、ここにこだわるべきだと考えています。

こだわりが次のステップへの階段になってくれると思うからです。

まずカタチから入る我が家は農作業してそうな麦わら帽子購入からスタート。
枝豆栽培から現在、段ボールコンポスト挑戦へとこだわりを進めております。

面白すぎて行けるとこまで、行くしかない感じです。



幸せな瞬間

| | コメント(0) | トラックバック(0)
毎日の暮らしの中で『幸せだな〜』と思う時ってどんな瞬間ですか?

お風呂上がりのマッサージ。
ポケットから忘れていた10,000円を発見。
良く寝た〜と時計を見たら、目覚ましが鳴るまであと2時間。

いろいろな『幸せな瞬間』があると思いますが、
忘れちゃいけないのが、『食べる幸せ』。

そこで、僕が最近はまっている『食べる幸せ』を紹介します。

それは、日本人の主食【お米】。
パンも大好きですが、やっぱりお米なしでは生きていけません。

今まで、電気炊飯器でボタンをピッ!
という感じでしたが、

COの取材で知り合った「沖縄ガス」の担当の方に勧められた陶器の鍋でご飯を炊いてみたら、これがうまい!
ちょっとびっくりするくらい美味しいんです。

gus1.jpg


炊き方はいたって簡単。

1. 研いだお米と同量(お米が1合なら180cc)の水を鍋に入れて強火にかけます。
2. 蒸気が勢いよく出てきたら弱火にして10分待ちます。
3. 10分たったら、火を止め15分蒸らします。この時ふたは決して取らない。
4. 美味しいご飯のできあがり!

炊き上がりまで30分かかりません。


ご飯が"料理"だったことを思い出す、『幸せな味』。

gus2.jpg


しかも、必要な時に必要な分だけ炊くので、
エネルギーの無駄使いもありません。


元々、ガスは燃やせばそのまま熱エネルギーとして使用できる効率のいいエネルギーです。
さらに、ガスは製造段階の効率も大幅にアップし、

消費電力は約67%
加熱燃料は約87%
水にいたっては約91%

の削減に成功している高効率エネルギーなのです。(沖縄ガスWEBサイトより)


多くの家庭に『美味しい』という幸せを運ぶ『ガス』の実力を感じる今日この頃。
『楽しく沖縄の環境を考える』という【CO】のコンセプトにとってもマッチしているんじゃないでしょうか。


ちなみに今ご飯を炊いている鍋はご飯だけじゃなく、芋を蒸かしたりいろいろな料理に活躍中。
...手放せなくなってしまいました。

この鍋は沖縄ガスさんで買えるそうです。

おススメですよ。



沖縄ガス株式会社
〒900-8605
那覇市西3-13-2
TEL 098-863-7730(代)
http://www.okinawagas.co.jp




エコって?

| | コメント(0) | トラックバック(0)
ちょっと前からですが、

よく耳にしますね。

「エコ」。


沖縄の環境を考えるフリーペーパーを発行しておいてなんですが、

エコって何ですかね?


この前、友達に言われました。

「エコ、エコ言ってる人の前だとゴキブリも殺しちゃいけないような気がして困る...」

ゴキブリを殺さないのはエコなのか?

人それぞれ、捉え方があるようです。


yahooの辞書で調べてみると、

エコロジー【ecology】別ウィンドウで表示
生態学。 自然環境保護運動。人間も生態系の一員であるとの視点から、人間生活と自然との調和・共存をめざす考え方。

とあります。


「人間も生態系の一員であるとの視点から〜」

確かにそうなんでしょうが、リアルに感じられません。


やっぱり、美味しくご飯をつくる方法が、実は環境にやさしいとか、

環境にやさしいとこをすると財布にもやさしいとか、

環境に優しい人の方がそうじゃない人よりもモテるとか、

そんな「エコ」の方がより現実的です。



本当に地球のことを考えれば、

世界中の人が産業革命以前の暮らしに戻ればいいんでしょう。

そんなの無理ですよね。


無理なんです。


できる人もいるんでしょうけど、

少なくとも先進国と呼ばれる国では、

そうじゃない人の方が圧倒的に多いでしょう。

それでいいと思います。しょうがない。


誤解を恐れず言い切ってしまえば、

「エゴ」無くして「エコ」もなし。

"No Ego No Eco"です。


できないことを追うんじゃなくて、

できそうなことを積み重ねていくことが大切なんでしょう。

急には変われないから、早めに始めた方がモテると信じています。


『CO』としては

「エコ」=「楽しい」、「カッコいい」

と捉えていこうと鼻息荒めにお伝えしました。


『CO』は『Cool Okinawa』の略ですからね。

logo_new.jpg















146

| | コメント(0) | トラックバック(0)
「146」

現在(2008年5月20日)沖縄県内で『チームマイナス6%』に加入している企業の数です。


去年の8月末の時点では94社だったので、52社増。

このペース、早いのか、遅いのか...。


県内の企業数が約2万社なので、加入率は0.0073%。



「うちは何もしてないから...」と参加をためらっている企業もあるでしょう。

『チームマイナス6%』に参加していなくても環境に取り組んでいる企業も多いでしょう。



でも!

まず『チームマイナス6%』に参加してほしい!!

参加してほしいんです!



参加することから始まる環境貢献もあると思いますよ。

実際、『チームマイナス6%』に参加しているんだと思うと今までよりも

「ちょっとだけ」がんばれる気がするんです。


この「ちょっとだけ」がかなり重要。

結果、地球だけじゃなく経理にもやさしくなるんじゃないでしょうか。




フリーペーパー「CO」とこのコラムでは沖縄県内の『チームマイナス6%』参加企業数

1000!

を目指しています。


この数がどんどん増えて、

『チームマイナス6%』の参加率が全国的に見てもトップクラスになれば

「環境に優しい沖縄県」

という新しい価値が生まれるんじゃないでしょうか。



「環境に優しい沖縄県」

って言いた〜い!!


6_logo.jpg

こちらをクリックすると『チームマイナス6%』のホームページにジャンプします。

参加は無料!

イメージアップにも有効!

入らない理由が見当たりません。

いざ!













エコクラス

| | コメント(0) | トラックバック(0)
ゴールデンウィークが近いからでしょうか、

最近「わ」ナンバーの車、つまりレンタカーが多く走っています。


ボクは「わ」ナンバーの車を見つけるたびに、

『観光客様だ!道をゆずろう』

とか

『沖縄好きになってくれたかな〜』

とつぶやいています。


なんと言っても観光立県の沖縄、

観光産業あってこそ今の暮らしがあると思っているからです。


どんどん沖縄を好きになって、

どしどし沖縄に来てほしいです。



そして、沖縄が好きで、沖縄に来てくれる方々に
オススメしたいことがあります。

それは、沖縄にやさしい旅。


レンタカーをかりて沖縄を旅する時、

環境にやさしい車が選べるとしたら、

ステキじゃないですか?


ニッポンレンタカーエコクラス

そんなステキを叶えてくれるんです。


ハイブリッドカー

『プリウス』と『シビックハイブリッド』の「わ」ナンバーの車。

今よりもさらにやさしくお迎えしたいと思います。


沖縄好きになってくださいね〜!


ニッポンレンタカー
那覇市奥武山町46
098-869-5500
http://www.nr-okinawa.co.jp



行ってまいりました!
ヤンバルは高江。


自給自足の暮らしをしている
森岡さん家族の畑で芋掘りです。

takae_1.jpg


子どもと大人が入り交じって畑で泥んこになりながら、掘ったじゃがいもは、
ふかしただけで、「うんま〜〜〜い!」

体を動かしたからか、みんな食欲モリモリ!
テーブルの上はあっという間に空っぽになったのでした。


今回のツアーを企画したのは沖縄市にある
ベジタリアンレストラン「サロンカッソー」のジュンさん。

ジュンさんは
「沖縄の野菜を少しでも多くの人の口に入れるんだ!」
と気合い満々。

まさに野菜の伝道師。

自身も無農薬栽培を実践中です。


ベジタリアンになる必要はありませんが、ホントにおいしい野菜を食べることで、
自然とのつながりを感じるのも環境に対する取組み。


こんなところから始めてみると長続きしそうですね。

tkae_3.jpg

ごちそうさまでした!




そして畑ツアー参加のみなさんは
最後にたくさんの野菜を買ってみんな上機嫌で帰りました。

takae_2.jpg



Salon Cuttho
沖縄市中央1-16-2
098-929-3669
http://www.saloncuttho.com









NO×COコラム第2回目は
『CO』第2号の発行の立役者「パートナーシップ企業」のご紹介。


「パートナーシップ企業」には
エネルギー関係・建設業・リサイクル業・アウトドアショップに雑貨屋さんなどなど。様々な業種から賛同・協力していただき、フリーペーパー『CO』は発行できるのです。
"環境にやさしい沖縄県"という新しい価値を生み出すために『CO』と一緒にガンバってくれる頼もしい企業・お店を応援してください。

それも、あなたにできる第一歩だと思います。



それではズラリと紹介します!

沖縄ガス 株式会社(ガス屋さん)

ニッポンレンタカー沖縄 株式会社(レンタカー屋さん)

earthtrip(沖縄観光案内所)

FC琉球(サッカークラブ)

佐平建設(建設業)

MIX life-style(雑貨屋さん)

てんぶす(オーガニック市場)

NEOS(アウトドアショップ)

名護建設(建設業)

Salon Cuttho(ベジタリアンレストラン)

グリーンエネルギー沖縄(新エネルギー)

共栄環境(リサイクル)

精印堂印刷(印刷屋さん)

テトラビット(IT)

以上現在14社。
上記の名前から各社のホームページにリンクしているので、のぞいてみてください。




沖縄にやさしい会社はまだまだたくさんあります。
さらに、これからどんどん増えてくれるとうれしいですね。



ついでと言ってはなんですが、我らが発行元もご紹介。

気候アクションセンターおきなわ(地球温暖化防止推進センター)

株式会社 沖縄テクスファーム(企画・デザイン・制作)



column_02.jpg






NO×COコラムがスタート!なんですが、

??????それって何?」という方が多数はだと思うので、


...『解説しましょう!』

まず、NO(エヌオー)とは...

ネイチャー・オキナワ

そう、みなさんご存知!沖縄の自然と環境とエコに関するポータルサイト。
今アナタが見ているのがまさにNO(エヌオー)です。


そして、CO(シーオー)とは...

クール・オキナワ

チームマイナス6%を通して沖縄の環境について考えようというフリーペーパーのことなんです。

 

column_01.jpg

3月15日にVol.2が出たばかりですが、
「環境問題に取組むことは、楽しくあるべき!」というコンセプトのもと、県内のいろいろな情報を発信しています。

そんな「CO(シーオー)」と「NO(エヌオー)」がコラボしてお届けするコラム。

 

それがNO×COコラムなんです。

ここでは、個人や企業の環境に関する「動き」、「技術」、「思い」を【CO】編集部の目線で綴っていきます。

 

よろしくお願いします。

 

あっ、今なんか面白そうだと思いました?

そう思った人はちょっと気が早い方か
カンが鋭い方ですね。

そうなんです、面白くなるはずなんです。

「楽しい」を切り口に沖縄、ひいては地球にとっていいことをお伝えするんですから。

あとはワタシの取材力と文章力しだい...。

 

 

ガンバリます...!


 

about this column



地球温暖化!環境問題!

よく耳にする話題だけど、沖縄の事情はどうなの?
ココでは沖縄県内での様々な環境に対する取組みを【動き・技術・思い】のカテゴリから紹介します。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページで見られます。

リンク

ネイチャーオキナワ
ネイチューオキナワ
※沖縄の自然と環境とエコ(ECO)のポータルサイト

CO(シーオー)
CO(シーオー)
※チームマイナス6%を通して沖縄の環境を考えるフリーペーパー

みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%
チームマイナス6%
※みんなで止めよう温暖化

気候アクションセンターおきなわ

テトラビット

沖縄テクスファーム

タグクラウド

アイテム

  • earthinks.jpg
  • web.jpg
  • _MG_2387.JPG
  • 430875158_138.jpg
  • gus2.jpg
  • gus1.jpg
  • logo_new.jpg
  • 6_logo.jpg
  • tkae_3.jpg
  • takae_2.jpg
Powered by Movable Type 4.1